施術前に知っておきたい!医療レーザー脱毛について

まずはしくみと特徴を知ろう


クリニックで受けられる医療レーザー脱毛は、効果が高いだけでなく、さまざまな利点がある方法です。
まずは医療レーザー脱毛がどういうものか見ていきましょう。
脱毛で用いられるレーザーは、メラニン色素に反応するという特性があります。光を肌に照射すると毛根に熱が集まって組織を破壊します。毛根が破壊されると新たな毛が生えてこなくなりますので、永久脱毛の効果が期待できるのです。
エステ脱毛も同じような仕組みですが、医療機関ではないサロンでは毛根を破壊することができないため、永久脱毛はできません。
レーザー脱毛は一回の効果が高いので、施術回数も少なくて済み、だいたい5,6回で自己処理の必要がない肌になると言われています。そのため多くのクリニックで施術メニューに6回パックを設けています。
施術時に万が一肌トラブルが起きた時すぐに適切に処置してもらえるのも、クリニック脱毛の利点です。


痛みが強い、高額って本当?


利点の多い医療レーザーですが、デメリットといえることもあります。それは、照射力が強いためエステ脱毛に比べて痛みが強い傾向にあることです。特にデリケートゾーンやフェイス脱毛などは強い痛みを感じる人がいるようです。あまりに痛む場合は、麻酔クリームなどでの対応が可能ですので、我慢できない時は施術スタッフに相談するといいでしょう。
また、1回当たりの脱毛料金がエステと比較して高額な傾向にあります。しかし、回数が5~6回程度ですむレーザー脱毛に比べて、エステ脱毛は12回~18回の施術が必要になってきますので、総額で見ればクリニックの方が安いこともあり単純な比較はできません。また自由診療ですのでクリニックによって金額には非常なばらつきがあり、低料金のクリニックもあります。