どんなことするの?痛みは?脱毛サロンの脱毛方法

どんな仕組み?サロンでの脱毛


どんなことをするのか知っておかなければ不安は大きくなるもの。多くの脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛」という方法で脱毛施術を行っています。肌の上から黒色に反応するビームを当てることにより、毛根や毛の生えてくる元になる細胞、メラニン色素を刺激する方法です。このビームで毛が再生することを弱める効果が期待でき、徐々に毛が少なくなったり細くなったりしていくのです。ビームの光で目を傷めないように、施術中は目隠しをされてしまいます。そのため何を行っているのかわからずに不安な方が多いです。また、ビームを当てる前に氷で冷やしたり、ジェルを塗ったりとサロンによってさまざま。使用している機械も異なりますが、基本的に脱毛の仕組みは同じです。


気になる施術時の痛みは?


肌の上から毛根にまで届くビームを当てるなんて…と痛みに不安を覚える方も多いです。しかし、ビームを当てる前にはしっかり氷で冷やしているため、痛みは輪ゴムでパチンと弾かれる程度。痛みの程度は個人差があり、施術箇所によっても異なります。あまりにも痛いようであれば、スタッフに話すとビームを出力を弱めてくれるので安心してください。また、サロンで使用している機械はクリニックでの脱毛の機械に比べると、ビームのライトの照射力が低いため、痛みも少ないのです。徐々に毛を減らしていくため、脱毛完了までに数回サロンに通わなければいけません。しかし、痛みが心配な方・肌への負担を抑えて脱毛施術を行いたいという方にはおすすめです。